第961話 グランピング怪事件|名探偵コナン|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

第961話 グランピング怪事件

アニメ:名探偵コナン

名探偵コナン

名探偵コナン あらすじ

オレは高校生探偵、工藤新一。幼なじみで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行って、 黒ずくめの男の怪しげな取り引き現場を目撃した。
取り引きを見るのに夢中になっていたオレは、背後から近付いて来る、もう一人の仲 間に気付かなかった。オレはその男に毒薬を飲まされ、目が覚めたら体が縮んでしまっていた!!

工藤新一が生きていると奴らにバレたら、また命を狙われ、まわりの人間にも危害が及ぶ。
阿笠博士の助言で正体を隠すことにしたオレは、蘭に名前を聞かれて、とっさに江戸 川コナンと名のり、奴らの情報をつかむために、父親が探偵をやっている蘭の家に転 がり込んだ。

オレは毛利のおっちゃんを名探偵に仕立てるべく、時計型麻酔銃でおっちゃんを眠ら せ、蝶ネクタイ型変声機を使って、おっちゃんの声でかわりに事件を解いている。 この二つのメカは、阿笠博士の発明品だ!博士は他にも…ターボエンジン付きスケー ドボードや、犯人追跡メガネ、キック力増強シューズなど次々とユニークなメカを作 り出してくれた!

蘭もおっちゃんも、オレの正体には気付いていない。知っているのは阿笠博士と、西 の高校生探偵、服部平次、それに同級生の灰原哀…。
彼女は黒ずくめの男の仲間だったが、組織から逃げ出す際、オレが飲まされたのと同 じ薬を飲んで体が縮んでしまった!
黒の組織の正体は、依然として謎のまま…!

「小さくなっても頭脳は同じ!迷宮なしの名探偵!真実はいつもひとつ!!」

名探偵コナン 声優

第961話 グランピング怪事件の感想

    ネタばれ