第20話 弔鐘と本と死にたがりの少年|戦う司書 The Book of Bantorra|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

第20話 弔鐘と本と死にたがりの少年

アニメ:戦う司書 The Book of Bantorra

戦う司書 The Book of Bantorra

戦う司書 The Book of Bantorra あらすじ

“人は死ぬと『本』になる”世界…。地中に埋められた死者の魂は自然に生命力が抜けていく。生命力が抜けきり、結晶化した魂(=『本』)には、その人間の持つ記憶のすべてが収められており、手を触れれば、その人間の辿った記憶を追体験出来るという…。地中に埋まっていた『本』を掘り出し、過去神バントーラが作った神立バントーラ図書館に収め、その管理を任された人間、“武装司書”。…館長代行のハミュッツ=メセタを頂点に、全員が桁外れの戦闘力と歴史学者並みの知識を持ち、世界で一番なるのが難しいと言われている職業である。そんな彼ら武装司書が管理する世界に“神溺教団”が出現する。唯一絶対の教義に基づいて、すべての欲望を肯定するという彼らの目的とはいったい…?

戦う司書 The Book of Bantorra 声優

戦う司書 The Book of Bantorra 音楽

オープニング
堕天國宣戦
星彩のRipieno

エンディング
Light of Dawn
Dominant space

戦う司書 The Book of Bantorra 公式サイト

http://www.bantorra.com/

第20話 弔鐘と本と死にたがりの少年の感想

    ネタばれ
    診断ナウ