スポチャン対決~妖怪大決戦~ 動画|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

スポチャン対決~妖怪大決戦~

スポチャン対決~妖怪大決戦~ あらすじ

春のスポチャン(スポーツチャンバラ)少年少女大会決勝戦。剣崎仁の対戦相手は、幼馴染でもあり、仁にスポチャンを始めるキッカケを与えてくれた京二だった。お互いに一本とりあった後の最後の勝負。仁は「小手を決めた!」と思いきや、ほぼ同時に胴を打ち込んだ京二が審判に「(仁の)小手は決まっていない」と異議を申し立てた。審判協議の結果、優勝は京二となった。負けを受け入れた仁ではあるが、自分がかつていじめられっ子だった時に自分を助け勇気づけてくれた京二の変貌ぶりが気がかりだった。一方、古来より人間界が危機的状況に陥った時、妖怪界では精霊妖怪と魔妖怪のどちら側が人間界に作用を及ぼすか決める決戦が行われてきた。かつては、どちらかが息絶えるまで戦いが続く死闘を繰り広げてきたのだ。しかし、今から300年ほど前に、魔妖怪を追って妖怪界に紛れ込んでしまった剣崎竜斎の提案により、<死なぬ戦い>として武道で勝敗を決めるようになった。今回はスポーツチャンバラがその種目に選ばれた。試合は5人制の団体戦。それぞれの大将戦には人間の子どもが選ばれる。精霊妖怪側は<負け>を認めた仁を大将に抜擢。魔妖怪側は<勝ち>にこだわった京二を大将に選んだ。仁は精霊妖怪に自分が剣崎竜斎の末裔であることを知らされるが、なぜ、人間界の将来を左右する戦いに自分が巻き込まれなくてはならないのか? なぜ、自分がそんな恐ろしい戦いに参加しなくてはならないのか? と納得できないでいた。しかし、京二の変貌ぶりが魔妖怪の仕業であるとわかり、また、勝負の先にあるものの大切さに気づき、精霊妖怪側の大将となることを決意する。

スポチャン対決~妖怪大決戦~ 声優

スポチャン対決~妖怪大決戦~の感想

    ネタばれ